味の素が開発した抗酸化成分配合とは

現代社会が人の体を錆びらせる

酸化とは、物質が酸素と結びつくはたらきのことです。鉄は時間とともに酸素と結び付くことで錆びていきますし、りんごを切ってラップをせずに置いておくと茶色に変色してしまいます。これと同じように、人間のからだを作っている細胞も、酸素に触れることで酸化されてしまうのです。

 

人間が生きていくには、酸素を取り込む必要があるのですが、空気中の酸素が体内に入ったうち約2%が「活性酸素」という物質に変化するといわれています。

 

「活性」酸素と聞くと、なんだか「いきいきした酸素」という感じで、良い働きをするのでは?と思う方もありそうですが、たしかに活性酸素は体内に侵入したウイルスや細菌からからだを守るすばらしい役割も持っています。ところが、活性酸素はエネルギーが強く、酸化力(=カラダを錆びさせてしまう力)も酸素より非常に強い物質なのです。

 

このように、活性酸素は細胞を錆びさせてしまう力が大変強いため、皮膚だけでなく、内臓、骨などからだのあらゆる組織にダメージを与えてしまいます。今では、活性酸素によってからだが「錆びる」ことによって、老化や生活習慣病の原因となっていることがわかってきました。

 

活性酸素は、普段の生活をしていても発生しますが、激しい運動、ストレス、喫煙、飲酒、紫外線や大気汚染、食品添加物、電磁波などの影響によって大量発生しやすいといわれています。

 

現代の生活では、ストレスや環境汚染、化学物質から逃れることは難しいかもしれませんが、活性酸素発生の原因を知って、これらのカラダにとってのストレスを、なるべく避けるようにしたいものです。

 

 

活性酸素とたたかう「抗酸化物質」とは?

活性酸素の作用に対抗する物質を「抗酸化物質」といいます。私たちの体内には、活性酸素を抑えるための酵素がもともと備わっています。

 

この抗酸化酵素はたんぱく質とミネラルから合成されるので、日々の食生活で不足しがちなミネラル(亜鉛、鉄、マンガン)を補うことも大切です。そして抗酸化酵素は年齢とともに減ってしまうので、それを補うための抗酸化物質をからだの外から摂取することも生活習慣として心がけたいものです。

 

私たちに身近な抗酸化物質の代表といえば、ビタミンC, E, B2などです。ビタミンCは美白効果、コラーゲン増加を助ける美容の万能成分ともいわれています。また、緑茶に多く含まれるカテキンや、緑黄色野菜に多く含まれるベータカロチンにも抗酸化作用があります。

 

また、赤ワインに多く含まれるポリフェノール、ゴマに含まれるセサミン、赤い野菜に含まれるリコピンなども抗酸化物質として注目されています。

 

味の素が開発した抗酸化成分とは?

 

味の素(株)といえば、調味料やサプリメントなどで暮らしにおなじみのメーカーですが、100年にわたるアミノ酸研究の長い歴史があり、実は「アミノ酸」を化粧品原料として世界各国の化粧品メーカーに販売しているという、原料メーカーでもあるのです。

 

そんな味の素が開発した「Jino アミノシューティカルクリーム」は、味の素が独自に開発した抗酸化物質を含む、アンチエイジングクリームです。

 

まさに味の素の「アミノ酸研究の集大成」ともいえそうです。さまざまな肌の悩みにアミノ酸高配合クリームを!

 

≫Jino化粧品アミノ酸スキンケアシューティカルクリームについて続きを見る

 


 

≫jino(ジーノ)化粧品|味の素のアミノ酸スキンケア TOPに戻る